初心運転者はレンタカーが借りにくい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 初心運転者はレンタカーが借りにくい?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
初心運転者はレンタカーが借りにくい?レンタカー活用がよくわかる!

レンタカーは運転免許取得直後でも借り受けることが可能です。法律で初心運転者が借りてはならないという項目がないからですが、実際には初心運転者(緑のラインの免許証)に貸し出す会社はまれだそうです。

初心運転者がまず借りに来ることはない、というのもありますが、もし車を借りに来てもレンタカー会社側から断ることが多いそうです。初心運転者は運転が未熟なため、会社側が損害を被る可能性が高いからだと思われます。

中には、熟練の運転者を同乗させること、借りる際の保険の増額をすること、逆に補償制度が適用できない(車レンタル業者の保険ではなく、借り受け人の保険で賠償するか、自己負担で賠償する)ことなどを条件として車を貸し出すところもあるそうです。

借り受けることができた後、忘れてはならないものがあります。レンタカーであっても初心運転者が車を運転する場合には初心運転者標識、いわゆる初心者マークを掲示する必要があります。できれば私物を持ち込んだほうがいいでしょう。