レンタカーの歴史について

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レンタカーの歴史について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
レンタカーの歴史についてレンタカー活用がよくわかる!

私が子供の頃には観光地や主要駅の周辺にしか見かけることのなかったレンタカーですが、その歴史は意外と古く大正時代へとさかのぼります。アメリカが発祥と言われており、日本では運転手付きで始めたそうです。今でいうハイヤーのような感じでしょうか。当時は運転免許所を所有する人も少なく、車は大変貴重なものでありました。

現在のようなスタンスの事業が始まったのは1949年のことです。事故などの要因によりなかなか軌道に乗らなかったレンタカー事業に、大きな変化をもたらしたのは自動車メーカー系の参入でした。全国各地に店舗があり、同じグループ内でしたら借りたときと違う店舗でも返却することができます。

また、販売されたばかりの車をレンタルできるというのも魅力でした。1969年には独立系の会社も参入し、24時間営業や様々な車種の車が利用できるようになりました。現在では格安のレンタカーが増えており、中古車を利用することで料金を安くしています。1時間100円など、短時間で利用できるところもありますます便利になりました。