レンタカーのいろいろな活用方法

観光地や主要駅を中心にあちこちで見かけるようになったレンタカーの営業所。車を所有していなくても運転免許証があれば、気軽に車を借りることができるので大変便利です。車の種類や利用時間により基本料金が設定されており、使用したい時に使用したい時間だけ利用することができます。

レンタカーの利用というと、主に旅行や海、遊園地などのレジャー目的で借りる方が多いと思います。特に旅行先では観光地を巡るのにとても便利です。初心者の方や小さいお子様がいる場合でも、オプションで初心運転者標識やチャイルドシートを付けることができるので安心です。

また、出張先で客先を回るのに利用する人も多く、ビジネスとしても大変役立っています。スポーツなどのクラブチームが試合や合宿のために、ミニバスやマイクロバスを借りることもあります。10人乗りまでのミニバスでしたら普通免許証で運転することができます。トラックも借りることができ、独り暮らしの人が自分達で引越しをするために軽トラックを借りるケースもあります。

使用頻度が少ない場合はレンタカーを利用しよう

学生の頃に免許を取得した私は、親が所有している乗用車を運転していました。そろそろ新車へと買い替えを考えていたようですが、私が慣れるまではと自由に使わせてくれました。車の免許は所有していると便利だと思い、運転免許証への憧れはありましたが車には特別興味はありませんでした。

道を覚え車の運転にも慣れてくると、運転が楽しくなり「あの車いいな」と車への興味を湧いてきました。しかし、家には車を2台止める駐車スペースは無く、マイカーを所有するには駐車場を借りなければなりません。近所の駐車料金の相場は、1ヶ月30,000円以上します。

アルバイトをしていましたが、学生の私にはマイカーを所有するのは無理だと諦めました。その代りレンタカーの利用が徐々に増えていきました。車はほとんど週末しか利用せず、毎週必ず乗るわけではないので、使用頻度はかなり低いものでした。そのためマイカーを所有するよりレンタカーを利用した方が、効率が良かったのです。特に旅行先ではレンタカーは大活躍でした。