ますます便利なレンタカーのシステム

私が子供の頃にはレンタカーの店舗はあちこちで見かけることはなく、主要駅や空港の周辺にありました。家は車を所有していなかったので、車を利用する時には2駅先の池袋でレンタルしていた記憶があります。わざわざ電車で移動して借りるなんて、今では考えられない話ですよね。

店舗は瞬く間に各地に増えていき、気付くと家の近所にも2件店舗ができました。地方に比べ車を所有している人が少ない東京では、必要な時に24時間いつでも借りることができるレンタカーを利用する人は多いのかもしれません。各地に店舗が増えたことでワンウェイシステムが導入されました。

ワンウェイシステムとは、借りた店舗ではなく同じグループ内の店舗ならどこに返却してもいいという、車の乗り捨てができるシステムです。旅行や出張先などで行きと帰りの空港や駅が異なる場合でも気軽に利用できるようになりました。日常生活で車があったら便利なのにと思うニーズに応え、短時間の利用も可能となりレンタカーはますます便利になりました。

レンタカーでトラックを借りよう

車をレンタルするというと、多くの方は乗用車の利用を考えることでしょう。私もレンタカーは車を所有していない人がレジャーのために借りたり、ビジネスマンが出張先で借りたりするので乗用車のイメージが強くありました。レンタカーの利用はレジャーやビジネス以外にも幅広くあり、一人暮らしの人が業者には頼まずに、自分で引っ越しを行うためにトラックをレンタルする人も少なくありません。

バンや軽トラック、2tトラックなどがあり荷物の少ない一人暮らしであれば、自分で引っ越しを行うことも可能です。また、初めて一人暮らしをする場合は家具や家電などは新たに揃えるものが多く、荷物は衣類やパソコン、テレビなどで乗用車でも十分な場合もあります。

夫婦2人の場合はファミリーの中でも比較的荷物が少なく、2tトラックで十分引っ越しすることができます。引っ越し費用を節約することもできるので、近距離の場合なら自分達で引っ越しをする人も少なくありません。また、レンタカーなら乗り捨てすることができるので大変便利です。

格安レンタカーの仕組みとは

近年では「格安」というのがブームとなり様々な商品が安く売られていますが、その流れはレンタカーにも影響を与えています。食品や衣類などの物は、材料や人件費を削るために海外で作られているものも多く、良いものを安く提供しています。レンタカーの車は専用に作っているわけではなく、既に作られた車を仕入れて事業をしています。

高価な車を数多く仕入れているわけですから、どの会社もとびぬけた値段の差はありませんでした。しかし、この「格安」ブームと共に格安レンタカーというのが登場しました。一体どのようにしたら、格安でレンタルすることができるのでしょうか?新車ではなく中古車を利用することで車を安く仕入れることができます。

昔に比べ安全で状態のいい中古車は増えており、主に中古車販売店が行っています。ガソリンスタンドが広い敷地を利用して、一部を店舗として事業を行っているケースも増えています。時間単位でレンタルできるところも多く、ニーズに合わせたシステムはこれからも広まっていくことと思います。

出張先では欠かせないレンタカー

営業職の仕事をしていると、出張に行く機会も多いと思います。出張先は車で行けるような近隣とは限らず、新幹線や飛行機などを利用し全国各地に飛び回っている人も少なくありません。出張先で客先を回るには、カタログやサンプル品などを用意することも多く、重たい荷物を持ち歩くことになります。

サンプル品は鞄に入るような小さい物とは限らず、大きい商品を複数用意することもあります。出張先の交通手段として多くのビジネスマンの方がレンタカーを利用しています。駅や空港の近くにはレンタカーの店舗が多く、すぐに車を利用することができるのでとても便利です。24時間営業の店舗も多いので急な出張でも、移動しながら電話で簡単に予約をすることもできます。

また、車であちこち回る場合には帰りも同じ駅・同じ空港を利用するとは限りません。同じ会社でしたらどこの店舗に返却してもいいという、乗り捨てサービスを行っているところも多くあります。最近では時間単位で借りることもでき、私達のニーズに合わせて上手く利用して行きたいと思います。

レンタカーの歴史について

私が子供の頃には観光地や主要駅の周辺にしか見かけることのなかったレンタカーですが、その歴史は意外と古く大正時代へとさかのぼります。アメリカが発祥と言われており、日本では運転手付きで始めたそうです。今でいうハイヤーのような感じでしょうか。当時は運転免許所を所有する人も少なく、車は大変貴重なものでありました。

現在のようなスタンスの事業が始まったのは1949年のことです。事故などの要因によりなかなか軌道に乗らなかったレンタカー事業に、大きな変化をもたらしたのは自動車メーカー系の参入でした。全国各地に店舗があり、同じグループ内でしたら借りたときと違う店舗でも返却することができます。

また、販売されたばかりの車をレンタルできるというのも魅力でした。1969年には独立系の会社も参入し、24時間営業や様々な車種の車が利用できるようになりました。現在では格安のレンタカーが増えており、中古車を利用することで料金を安くしています。1時間100円など、短時間で利用できるところもありますます便利になりました。

きっかけは北海道で借りたレンタカーでした

運転免許証を取得した時はレンタカーを利用してよく友達とドライブに出掛けていましたが、仕事が忙しくなってくると次第に運転する機会も減ってきました。その理由の一つに車を所有していなかったこともあるかも知れません。職場へは電車で通っていたし、休日しか車に乗ることもなかったので、維持費を掛けてまで車を所有する必要性もありませんでした。

いつしかペーパードライバーとなっても何不自由なく生活をしていましたが、そんな私が再び車を運転することになったのは北海道旅行に行った時でした。広大な北海道を巡るにはレンタカーが断然便利です。

主に普段車を利用している彼が運転をしていましたが、「せっかく免許があるのだから運転してみたら」という言葉に押され、広々とした一本道や高速道路など比較的運転し易いところをしてみました。いざハンドルを握ると車の感覚が掴めずに、自分でもびっくりするほど緊張してしまいました。次第に慣れてくるとやはり運転は楽しく、これを機に少しずつまた運転したいと思いました。

旅行先で初めてレンタカーを利用しました

“専門学校時代に知り合った友達とは、国内・海外含めていろいろな所へ旅行に行きました。2人だけでなく仲のいいグループで行ったり、お互いの中学校・高校時代の友達とも一緒に行ったりしていました。そんなフレンドリーな友達と初めて行った旅行は金沢でした。秋休みを利用して比較的空いている平日に、温泉旅行の計画を立てました。

観光するには車が合った方が便利だと、お互い初心者の私たちは恐れることなくレンタカーの利用を考えました。旅行会社でホテルと列車、それにレンタカーをオプションで付けたフリープランを予約しました。紅葉が始まりだした時期でありましたが、平日ということもあり比較的安く行くことができました。

週末にはお互い近所を運転したりして、少しでも車に慣れようと練習がてらドライブを楽しんでいました。しかし、知らない土地で運転するのは初めてで、車の感覚よりも道が分からずにフラフラと危ない運転にならないかと心配でした。結構緊張しながらも、お互い安全運転で無事観光地を巡ることができました。”

ニーズに合わせて利用できるレンタカー

車を所有していない私は、必要な時にレンタカーを利用していました。もちろん、免許を取得した時は車が欲しいと思い色々な車の情報を集めたり、周辺の駐車場などを調べたりしていました。理想の車はいくつもありましたが、駐車場はどこも高くてびっくりしました。

毎日車を使用するわけではないので、使用頻度に比べると維持費がとても高く、車の購入は断念しました。都心に住んでいる方は私と同じように維持費がもったいないと、車の購入を諦めた人も多いのではないでしょうか。車はあると便利ですが、都心に住んでいる場合は、電車の交通網が発達しているので車が無くても生活に困ることはありません。

高い維持費を払うなら必要な時にいつでも借りることができる、レンタカーの方が便利だと考える人は多いでしょう。近年では100円レンタカーというのもあり、1時間100円で必要な時間だけ借りることができます。病院への送り迎えやたくさんの買い物をする場合など、短い時間でも気軽に借りることができるので、利用する人が増えると思います。

レンタカーのいろいろな活用方法

観光地や主要駅を中心にあちこちで見かけるようになったレンタカーの営業所。車を所有していなくても運転免許証があれば、気軽に車を借りることができるので大変便利です。車の種類や利用時間により基本料金が設定されており、使用したい時に使用したい時間だけ利用することができます。

レンタカーの利用というと、主に旅行や海、遊園地などのレジャー目的で借りる方が多いと思います。特に旅行先では観光地を巡るのにとても便利です。初心者の方や小さいお子様がいる場合でも、オプションで初心運転者標識やチャイルドシートを付けることができるので安心です。

また、出張先で客先を回るのに利用する人も多く、ビジネスとしても大変役立っています。スポーツなどのクラブチームが試合や合宿のために、ミニバスやマイクロバスを借りることもあります。10人乗りまでのミニバスでしたら普通免許証で運転することができます。トラックも借りることができ、独り暮らしの人が自分達で引越しをするために軽トラックを借りるケースもあります。

使用頻度が少ない場合はレンタカーを利用しよう

学生の頃に免許を取得した私は、親が所有している乗用車を運転していました。そろそろ新車へと買い替えを考えていたようですが、私が慣れるまではと自由に使わせてくれました。車の免許は所有していると便利だと思い、運転免許証への憧れはありましたが車には特別興味はありませんでした。

道を覚え車の運転にも慣れてくると、運転が楽しくなり「あの車いいな」と車への興味を湧いてきました。しかし、家には車を2台止める駐車スペースは無く、マイカーを所有するには駐車場を借りなければなりません。近所の駐車料金の相場は、1ヶ月30,000円以上します。

アルバイトをしていましたが、学生の私にはマイカーを所有するのは無理だと諦めました。その代りレンタカーの利用が徐々に増えていきました。車はほとんど週末しか利用せず、毎週必ず乗るわけではないので、使用頻度はかなり低いものでした。そのためマイカーを所有するよりレンタカーを利用した方が、効率が良かったのです。特に旅行先ではレンタカーは大活躍でした。